2018年3月12日のトレード

2018年7月4日





今週も始まりました。今日は日経平均は大幅あげていますね。
ではFXも円安方向に行くのでしょうか?
朝の段階だと、と言っても朝と言っても8時ですが円安方向なチャートを見せています。
私は売りポジションを持っているので含み損がどんどん増えていってしまいます。
これ以上損失を広げたくない。証拠金維持率がどんどん下がっている。
こんな状況ではつい損切りをしてしまいそうな気がします。

今日のメンタル

どんなふうに動こうが相場から撤退するようなことはないように考えています。
だから大きなポジションを持たないようなトレード戦略が大事だし、
全財産をトレードに注ぎ込むなんてことは絶対にしない。
自分の許容範囲は自分で決めるので精神的にやられてしまうようなトレードをしないということですよね。
そうに自分に言い聞かせて10時を迎えました。
一気に106円65まで下がりました。あーよかった含み損がどんどんどんどん消化されていきます。
冷静に考えれば一気にストンという下げが来るの分かっているはず。
1万円儲けることより1万円損することというのはイコールではありません。
ストレス度が全く異なるわけです。1万円損するというのが自分にとってどのくらい精神的に負荷をかけているか考えてみました。1万円損した。
大丈夫です。1万円ぐらい損しても嬉しいという人はいないですが、なぜ1万円の損は冷静でいられるのでしょうか。それは自分の持っている資産の何パーぐらいかというところでしょう。
貯金が100万円あるのと1000万あるのでは1万円損失した時の精神的なダメージは異なります。
自分のレベルだと1000万FXにトレードをするのは相当なショックを味わう可能性があるのでとてもとてもチャレンジできません。世の中で1日に何十万円も儲けてる人というのは実際に1000万近くトレード資金として使っているはずです。FXはレバレッジがすごいので小資金で始められるのがメリットではあります。
FXだけで生計を立てる資金というのはいくらぐらいあるのがいいのでしょうか。
たぶん株式投資だと1億円ないと厳しいと思います。レバレッジは3倍程度なので自己資金300万円でしょうか。FXの場合は自己資金100万円あれば25倍のレバレッジとして2億円の取引ができるようです。
と言っても全財産が100万円では精神的な苦痛は紛れません。だからなくなってもいいと思う金額が100万円必要ということです。この100万円を5年間預けててもいいぐらいの資金の余裕を持った方が良いということです。
絶対やってはいけないのは夏のボーナスをそっくりFXに使うということです。
失った時の普通というのは半端ないので、1年間3万円を貯めた金額を1年後に36万円。
そのうちで10万円をFXで使うぐらいの余裕は必要です。
FXトレードをギャンブルとならないようにするには余裕資金でするしかありません。
余裕資金というのは本当の意味で余裕資金です。小資金で始められてリスクとリターンのバランスを考えてチャレンジする一つの手段としてFXトレードというスタンスではないと厳しいと思います。
確率は長期的には一定の確率に近づくので長期投資というほうが運用利回りは上がります。
確実性を上げるにはリスクが少ない方法、そしてリターンが大きい方法を実践している必要があるわけです。FXで夢を見るのもいいですが確実に資金を増やすという目標があるのであれば、焦ってはいけません。一年で10万円が101000円できるトレード技術を身につけてから資金を増やしている必要があります。
損失を取り戻すというのは本当に大変です。だからこそ元本こそまもる、そして元本を終わらない。
元本は減らさない。元本はどのくらいの期間維持していられるか。それに尽きると思います。
負けないトレードをいかにするか。そのことだけを徹底に実践していることがお金を増やす唯一の方法だと思います。感情でトレードした時はお金がなくなると思う必要があります。お金の器を増やすためにも、
元本維持そして長期的に考える、何よりも重要なのがトレード技術の向上。これを信じてFXトレードをチャレンジしたいと思います。

チャート判断

1時間足で見ると10時台は大きな下げ記録しました。
11時台でな継続するのか反発しちゃうのか見所の時間帯です。大きく下がった場合、
一旦戻してから下げ始める方も多いので様子見の時間帯です。
予想通り十字架のチャート形成になっています。
今日の予想ですが、あくまでも適当な予想です。
106円前半を今日1日をかけて目指すと思っています。
その理由は、上がってるという揉み合いを見せてもいいのか変わらず大きくストーンと下がった場合、
だましチャートを形成している可能性があります。
チャートを見れば見るほど損切りをしているのが分かりやすいチャートです。
それは直近の安値を下がればさらに下がるのが王道なパターンですが、直近を割ったにも関わらず下がらないのがその理由です。
11時台12時代と106円60あたりでもみ合った後に方向感が出ると思うので
しばらくはチャートを見ていなくてもいいかと思います。
チャートを見なくていいのは反対売買を用意していく場合もチャートを見る必要がなくなります。
方向感が出ているチャートを形成したタイミングでポジションを調整して行こうと思います。

FXトレードのまとめ

FXトレードができるのは月曜日から金曜日です。
この期間の間に行かに資金を増やしているかが勝負になるわけですが減らす場合もあります。
どうしても短期で考えていると負けてしまうかもしれないので、1ヶ月単位で考えてるようにしています。
だから、週足も見るし1ヶ月足もみます。そうやってできる限り長期的に判断することによって細い小さな損失を無視することができます。
本業とレーダーのやり方と副業トレーダーではもちろん違うと思います。自分は今のレベルだと副業トレーダーだと思っています。ただ副業を本業も基本的には変わりはないのでこの相場で戦うためにはどうにしたら負けないかだけを考えています。そのために考えた目がピップスで考えるということです。pipsで考えるとそれほどきになく気に入らなくなります。土日もしっかり休む。
FXのことなんか考えない方がいいわけです。考えてもろくな結果が出ない理由なので考える時間というのは技術の向上のための時間であればいいわけですが上がる下がるなどを当てようとする時間は無駄だと思っています。
週末はFXのことを完璧に忘れて東京ディズニーリゾートに遊びに行きました。
めちゃくちゃ混んでいました。久しぶりの土日は天気が良かったせいもあるかと思いますが、
この混みようはディズニーならではでしょう。お土産コーナーもまつし、レストランもまつ。
このディズニーのまつと言うのはトレードと同じだと思いました。ディズニーで待つのは何ででしょうか?
待つことで得られることがあるわけです。つまりFXも待つことで得られることがあるわけです。
これは新たな気づきでした。ディズニーで待てる自分はFXでも待てる。

そして、思う存分楽しんで月曜日に向かって充電するわけです。そして月曜日の朝寄り付きと時間からちょっとニュースを見て今週の方向感を確認するというのが最近のルーチンです。
自分のあったトレードというのがあるので工夫しながらFXトレードをやれば幸せなトレーダーになれると確信しています。



未分類

Posted by koba