専門家の選び方

もしお金の問題が起こってしまったら・・・。今回は後で役にたつ記事です。

どんな基準で選べばいいのでしょうか?

債務整理を依頼するなら専門家である法律事務所(弁護士)か法務事務所(司法書士)を選択することになります。
では、弁護士と司法書士はどちらがいいのでしょうか?
結論から申しますと、借金額によります。
そして、手続きにおいて弁護士のできることに制限はありません。
一方で司法書士のできることには債務整理する上限金額など、いくつか制限されることも存在します。
140万円以下に限り、法律相談、交渉、訴訟ができるとされています。
現在の状況に応じてご依頼先をご検討してください。

気になる費用は?

債務整理の費用は各事務所さまざまです。
もちろん費用の相場というのがありますので、いくつか比べることをおすすめします。
弁護士報酬は、基本的には弁護士が自由に決められます。
任意整理の費用相場、個人再生の費用相場、自己破産の費用相場を確認しましょう。
費用の内訳も事務所ごとに違いますので、総合的に見る必要があります。
費用の内訳が明確になっているところを選ぶのもポイントです。
後から請求されることはないのか?追加でかかる費用はないのか?
こちらが聞かなくてもわかりやすく表記してくれる方が安心ですよね。
ほとんどが弁護士費用と裁判所費用という内訳ですが、問題は支払いを一括で払うという点でしょう。
お金がないから債務整理をするのに弁護士費用で30万とか用意するのは正直大変ですよね。
そこで、分割払いができる事務所もありますので、候補に入れるのも良いですね。

経験豊富な事務所が◎です。

弁護士、司法書士なら債務整理の案件は取り扱いができます。
しかし、労務問題と借金問題では大きく法律が違います。
ですので、借金問題に精通した事務所を選ぶのは絶対必要でしょう。
また、借金の状況は人それぞれですので、債務整理後の生活などを考えてくれる良心的な事務所が理想だと思います。
会社や家族に内緒で手続きできるかも気になるところだと思います。
その点も選ぶポイントかもしれませんね。そして、自分にあった債務整理を提案してもらいたいですね。

未分類

Posted by koba