高値おぼえ 安値おぼえ

相場に参加しているのが人間であるので、どうしても心理的バイアスがかかる。
希望的観測で、上がる?下がる?を判断してしまう。
その典型的なのがアベノミクスでの株価上昇だ。そして、日経平均が年初来高値をつけた!などとニュースが流れれば、
大衆は買いを行う。勢いがつくと必要以上に高値を更新するほど買われていく。実態経済と大きく離れていくものだ。
しかし、永遠に上昇することはない。株価は、上がったり下がったりするのだから。
だからこそ、高値で買うことは要注意しないといけない。もっと上がるだろうと思ってると突然急落するものだ。
行き着く先は、塩漬けという売るに売れない状態。とくに、株の情報雑誌などを見ると、
上がる銘柄を紹介してあったり、理論的な説明があって、読者は腑に落ちる。
そして、株を買うという行動にでる。これは、仕掛けられていると思っていないと危険です。
なぜ、株情報雑誌は、推奨しているのか?一度考えたほうが良いでしょう。
有名な専門化の先生が話す内容には説得力があるのは事実。でも、予測は当たらなくても、先生に罪はないわけです。
相場に絶対はないので、リスクを取りながら消極的に株式取引をしていきたいものですね。

未分類

Posted by koba