含み損が続いている時はどうすればいいのか?

株式投資、FXなどで自分がとったポジションと反対に動いた時は、お金が減少します。
含み損は、嫌なものです。だって、大事なお金が減っているわけですからね。
でも、決済をしなければ確定されるわけではないのです。
だから、確率論からいったら、誰でも絶対に含み損の状態になるのです。
値動きをするということは、含み損、含み益をどうに捉えるかが大きなポイントだと思うんです。
よく損切りをすれば良いといいますが、損をするのは精神的にはきついものです。
だから、損切りをしないで含み損に耐えるテクニックがあれば日々の生活も安心していられると思います。
まず、含み損になってから考えるのと、含み損になる前では心の持ち方も変わると思います。
エントリーする時には、含み損になってもいいように考えることが重要です。
もしろ、含み損になって予定通りというわけです。それには、当然戦略が必要ではあります。
1年間含み損だったものが、含み益になることがあります。その逆もあります。
暴落、急騰って予測できないものですが、予想外のことが起こってもパニックにならないためには、
冷静さがあればこそです。そのためには、分割売買を極めることです。そして、上がる下がるを当てようとしないこと。
値動きは予想しがたいので、無駄な努力です。
あくまで、傾向は経験から導くことも可能ですが、あくまで確率が高いということです。
毎日、含み損が増えていって精神的にきつい。そんなときは、反対売買をしておくといいです。

未分類

Posted by koba