株式会社ピアラ

2019年10月11日




会社名 株式会社ピアラ
市場 マザーズ
事業内容 化粧品と健康食品に特化したECマーケティング支援が柱。紙媒体など従来型の広告支援も
上場日 2018年12月11日
証券コード 7044
住所 〒150-6013 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー13階
URL https://www.piala.co.jp/
電話番号 03-6362-6831
地図

動画
sns アカウントはありません。2019/9/18

株価・チャート

コメント ビジネスモデルは、成果報酬型のコンサルティング。
クライアントは株式会社ディノス・セシール、株式会社アルマードなどの会社です。
ディノス・セシールは、「ディノス」「セシール」の2つのブランドによる、通信販売事業を展開しています。

カタログ通販やテレビ通販業界では、「ECを強化したい」という方針を掲げている企業は多いものの、「組織の壁」「人材の壁」などが障壁となり、EC化が思うように進んでいない企業が多数を占めるのが現状。
クライアント数と多くの予算を使える企業数が業績に影響されれます。

コンサルティングということで、「ノウハウ」とクライアントとのコミュニケーションが重要だと思います。
代理店として仕事をするのでなく、成果報酬型というのがポイントです。
代理店の場合、費用は一定金額ですが、成果がなけれな、契約終了です。
一方、成果報酬型なら結果がでれば長期的な関係が築けます。

株式会社識学のサービスを利用しています。
株式会社ピアラは、新卒文化で約7割が新卒採用。
若手社員がマネージャーになった時に、経験がないために事業推進力とマネジメント力がうまく機能しないケースが多かったとのこと。
人材教育が重要な面で、株式会社識学の教育が大きな影響がうけそうです。