朝の来ない夜はない

2019年10月15日

底値圏の低迷は長く続くことが多いので、その渦中にいるともうチャンスが来ることはないのではないだろうかと言った気になるのかもしれません。
まして底値に至る過程で思わぬ痛手を負っていたりすると、底値の陰鬱なムードはチャンスへの期待感を大きく抑圧するものになるでしょう。
しかし、その場面で相場から撤退する意思がないのなら、相場のリセットに合わせて一旦気持ちをリセットし、新しい相場に対する準備をしておく必要があります。
いかに停滞が長引こうとも、相場の参加者が途切れない限り、再び相場は生まれ、それによってチャンスも生じてくるものだと言う事でしょう。

orange2.netより引用