当たり屋といわれたころから曲がり出し

2019年10月15日

当たり屋とは成績の良いトレーダーと言う事だと思います。
これは相場で相場師同士が顔を合わせていた時代に周囲から「当たり屋」と言われだしたらそろそろスランプが近いと言う意味ではないかと思いますが、周囲の声を聞くことのないネットトレーダーの場合、周りの評価を気にしない分だけ肩の力は幾分抜けているでしょうが、それでも自分が成績の安定を意識しだしたころにトレードが行き詰まったりスランプに陥る可能性はあるようです。
これはどんな仕事でも同じですが、一応仕事を覚えたころや、流れで仕事がこなせるようになった頃にモチベーションの質が変わると言う事と関係しているように思えます。
最初は知らないことを知る面白さや、利益を上げる楽しさ、失敗の苦しさとそれを糧にできた充実感などが新鮮な体験として意識されるものですが、そうした新鮮さが慣れてきて劣化した時にその劣化した感情に気付かずに、同じようにトレードに取り組むと集中力や、損得への感情的なものが微妙に違ってきていて、たとえばトレードがひとたびうまく行かなくなった時の修正の仕方などがそれまでの方法とは違ってくると言う事もありえます。
集団でやる会社の仕事と違って、孤独な環境でやるトレードではそれが大きなスランプになったりする可能性があると思います。
そう言う時期には特に、トレーダーとしてのモチベーションにはそれをひとつの大事な要素として配慮する事が必要でしょう。

orange2.netより引用