当たり屋に提灯

2019年10月15日

提灯とは他人のトレードにぶら下がる、つまりそのまねをして玉を張ることです。
昔は相場で参加者同士が顔を合わせ、ある程度トレードや成績についての他人の情報が手に入ったので、上手くいっているトレーダーの情報をもとにそのトレーダーのポジションに追従するようなトレードが出来たのかも知れませんが、今はそう言うトレードの出来る環境はなかなか見つけられない気がします。
今の相場では、提灯は大口のトレーダーの動きが板や歩み値、支持・抵抗ラインの値動きなどから見えた時にそのトレードに対してぶら下がるくらいしかないと思います。
強いて言えばその他にも個別株の取引で人気の銘柄に乗ると言う手は多少あるかもしれません。
いずれにしても自分のトレードが頼りないのなら、上手くいっている人のポジションを真似た方がマシだ、あるいは上手くやっている人の手法を研究した方が良いと言った意味かと思います。

orange2.netより引用