当たり屋につけ

2019年10月15日

儲けているトレーダーのポジショニングを真似ることで利益が出せると言う意味でしょうが、その儲けているトレーダーを見つけるのも、そのポジショニングの情報を仕入れるのも、ネットのトレード環境では難しいことに思えます。
ブログなどで成績を公開しているトレーダーはいますが、仕掛ける前のシグナル的な情報から公開しているような例があるのかどうかわかりませんし、もしあったとしても、トレードのタイミングと言う意味で有効な模倣が出来るのかどうかとなると難しい気もします。
まして有料でシグナルを配信している場合などは公開されている成績の検証が難しい例が多いので、「自分の目で見つけた当たり屋に自分の判断で追従する」と言う「格言の元の意味」のニュアンスからすると外れているようにも思えます。
相場で長くやってゆくためには、最終的には自分のトレードを作るしかないのですが、どうしてもうまく行かない時には下手な考えを巡らせて迷路に迷い込むより、上手くいっている方法(幸運にもそう言う方法が入手できればですが…)に素直に従う方が良いと言う意味でしょう。

orange2.netより引用