当たり屋に向かえ

2019年10月15日

上手く相場に乗っている人のトレードを真似るのが効率が良いと言う格言が多いところを見ると、格言が出来た当時はそのやり方が有効な一つの方法であったと思われます。
「当たり屋に向かえ」はそうした格言の逆を言っています。
これは上手くやっている人の情報が自分のところまで流れてきたころには、そのトレードがスランプになっている可能性を疑えと言う事だと思います。
あるいは儲けを出している人の情報が簡単に流れていること自体が疑わしいとする見方もあるでしょう。
いつまでも上手く行くトレードもないし、もしそう言うトレードが成立していたら、そうした情報はすでにブロックされている可能性が高いとも考えられます。
情報も手法も鮮度の確かめられないものは使えない場合が多いと言う事だと思います。

orange2.netより引用