【金融用語】株式の併合

企業が「発行済株式数を減らすために、複数の株式を1株に統一する」ことが株式併合です。
たとえば「2株→1株」の株式併合ならば、株主の保有株数は半分になります。1000株保有していたのであれば、「2株→1株」の併合によって500株保有となります。
一方で、理論上の株価は上昇します。1株500円の株価が「2株→1株」で株式併合されたら、500円×2で1000円に、「10株→1株」の併合ならば、500円×10で5000円に上昇します。シャープの場合、まさにこの計算によって株価が10倍になりました。

株の窓口より引用

金融用語

Posted by koba