一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは


一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは、日本人が考案したトレンド系のインジケーターです。
開発者は一目山人(細田吾一)氏です。
海外の機関投資家も注目する日本初のテクニカル分析です。

一目均衡表は、「転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン」の5つの線から構成されています。
このうち、基準線はトレンドを示す線で、基準線が向いている方向は相場のトレンドの方向でもあるため、非常に重要な意味をもちます。

転換線

転換線は基準線の期間を短くした過去9本分の最高値と最安値の平均で引いたラインです。

基準線

過去26本のローソク足の最高値と最安値の平均を、移動平均線のように描いていくラインです。

先行スパン1

先行スパン1が基準線と転換線の平均、ローソク足26本分先行させて表示させています。

先行スパン2

先行スパン2は過去52本分の最高値と最安値の平均を、ローソク足26本分先行させて表示させています。

遅行スパン

現在の足の終値を26本分さかのぼって過去の位置に記入します。

一目均衡表の注意点

一目均衡表は、大きな流れを掴むときには一目でわかって便利ですが、売り買いのポイントを知るのが遅れがちになるというのが欠点です。

また一目均衡表は、レンジ相場でダマシになりやすいという欠点もあります。

FX, 用語集

Posted by koba