初心者でも安心!FXで後悔しないための知識とオススメのFX会社10選

2020年7月2日




「100万円を少しでも増やしたい!」
「100万円を減らしたくない!」
「銀行に預けても利息が少ないし・・・」
「小さい金額から試してみたい」

新しいことを始める時って、いろいろ考えちゃいますよね・・・。

今回取り上げるテーマは「FX」

FXをしたことのある諸先輩方の話を聞くと、「FXはギャンブルだ!」とか「FXで大損した・・・」など、FXってそんなに難しいものなの・・・!と怖くなります。

都内のweb製作会社に勤めるNさん(37歳・女性)は100万円からFXを始めて1週間で20万円損したそうです。
最初は少し利益がでたのですが、だんだんと負けが続いてしまって・・・。


そんなの絶対に嫌ですよね!!

そこで今回は、FXで後悔しないためのノウハウを、体験談もふまえてわかりやすく説明します。

資産運用を始めるには、各金融機関の口座開設が必要です。
口座開設する際に選びたいオススメのFX会社も紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

資産運用の種類

資産運用といってもさまざまな金融商品があります。
そもそも、なぜFXが良いのかと考えてみた事がありますか?

FX以外にも資産運用の方法は複数あります。

  • 投資信託
  • 株式投資
  • 仮想通貨
  • IPO(新規公開株)
  • クラウドファンディング
  • NISA
  • 定期預金

資産運用の上で重要なのは資金量です。
資金が多ければ有利なのは間違いありません。

テーマは「100万円」で、資産運用です。
5000万という資金があれば、FXでなくても良いかと思います。

しかし、FXが優れている点は、資金効率が良いという点です。
資金効率が良いというのは、100万円というお金を十分に活用できるからです。

もちろん、FXの売買手法というのは、投資家の数だけありますからやり方次第ではあります。
間違った方法さえしなければ、FXほど良いものはないのではないでしょうか。

では、間違った方法とは何でしょうか?
1つだけあります。

  • 資金を全額投資する

リスクがあるからこそ資金を全額投資するという行為はいけないのです。
大事なのは、増やそうとしないで減らさない努力をするという点でしょう。
資金管理の重要性についても書いていますので参考にしていただければ幸いです。

資産運用する上でのFXの歴史

歴史を学ぶ。

歴史を追い、学ぶことで、為替はどんなふうに動くのか、そのとき人間はどんなふうに行動するのか、その本質が見えてくるようになります。
FXは1998年4月に日本では始まりました。

戦後しばらくは日本円とアメリカドルの交換レートが1ドル=360円で固定されていました。
これを固定相場制といいます。

この時期は円安も円高もないので、当然FX取引は行われていませんでした。

当時は金融庁がFXに対して十分に注意を払っていなかったこともあり、悪質な業者が次々とFX業界に参入するようになってしまったのです。
その後、2005年には金融先物取引法が改正され、すべての業者に登録が義務付けられました。

そして、レバレッジ規制も始まりました。
FXによる破産者が続出したんです。

このようにいろいろな規制により少しずつ健全化が進んでいきました。
では、続いてこれらの歴史を踏まえて大事なお金を投資するのに知っておいてほしい内容をお教えします。

資産運用する上でのFXのリスク

経営破綻によるリスク

大事なお金を投資するからには、リスクをできるかぎり限定した方が良いです。

まず銀行や証券会社、FXの会社が突然の経営破綻した場合どうなるのでしょうか?

FXには「信託保全」という仕組みがあります。
FXでは2010年から義務付けられています。

信託保全とは・・・顧客から預かった証拠金を、信託銀行などの第三者機関に管理を委託して保全をすることで、業者の財産とは区別して管理されます。
そのため、仮に業者が倒産をしたとしても、顧客の証拠金は第三者機関が保全・管理しているため債権者の差押えなどの対象にもならず守られます。

FX会社の口座開設前には必ず信託保全の有無をチェックしてくださいね。

日本国内のFX会社などは、金融商品取引法によって規定されている金融商品取引業者であるため、法律上の義務によって完全な信託保全が行われています。

通信機器故障・紛失・盗難、通信回線の障害によるリスク

パソコン、タブレット、スマホなどで取引できる便利な時代ですが、スマホを紛失してしまった場合どうなるのでしょうか?

そのような場合は、FX会社へ電話をして紛失届けを速やかにするべきです。
悪用される危険性もあります。
連絡先などは、デジタルだけに頼らず、アナログとしても準備しておきましょう。

また、インターネットを利用する際の通信会社が「通信回線の障害」を起こした場合です。
この場合は、wifiスポットを利用するなどの対策が必要です。

為替変動によるリスク

リスクの頻度からすると為替変動は注意したい点です。
基本的に外国為替は24時間動き続いています。

経済指標など世界中で起こるさまざまなニュースに連動して為替が動くわけです。
なので、利益を出そうとする行為は同時に損失も起こりうるという意味があります。

レバレッジによるリスク

FXの場合、証拠金を入れることによって取引ができます。

証拠金とは・・・経済学用語の一つで、契約の成立、履行を確実にするために、当事者の一方が相手方に対して担保として預ける金銭のことを言います。

証拠金の金額だけ取引できるかというとそういうわけではありません。
FXではレバレッジという形で、証拠金の数倍を取引することができるわけです。

例えば10万円の証拠金を口座に入れたとします。
普通なら、10万円の資金(取引保証金) であれば10万円分の取引しかできないはずです。

しかし10倍のレバレッジを使うと、取引できる金額が10万円の10倍、つまり100万円となります。
レバレッジをかけると、手元の資金(取引保証金)の何倍もの金額を取引できるのです。

これが、レバレッジによるリスクという点です。
個人口座の場合、25倍が初期設定になっていることがほとんどです。

元本以上に取引ができてしまうのは何だか怖いですね。
なにより元本以上に取引をしているという意識が何より重要です。

では、続いて、これらのリスクを踏まえて最大限リスクを小さくする方法をお教えします。

最も重要なのは資金管理

大事なお金を投資するからには、絶対に減らしたくないですよね。
しかし、元本が減らないということは100%ないと思ってください。

なぜそんなことをいうと、為替というのは動き続けるからです。
重要なのは、どのタイミングで判断するかということです。

例えば、今日1万通貨を買ったとしても、決済するまでは答えがわからないというわけです。
決済のタイミングで、勝った、負けたと結論がだせるというわけです。

そのため、資金管理が大事になるわけです。
買った値段より下がった場合は決済していないので、損益は確定していません。

この状態の事を含み損といいます。
この含み損に耐えられることができるのが肝です。

もしFXの資金を他の用途へ使う必要がある場合は、決済して出金しないといけないわけです。
このような状態をなくすために、最初の段階で資金計画が必要なんですね。

極端な話、決済さえしなければ、勝った、負けたと結論がでないわけです。
特に長期的な投資の場合は、為替というのは動き続けるのでその傾向が強いです。
そこで自分に合った売買というのが大変重要というわけです。

自分の資金量に応じて取引していくのが王道です。
他人のお金、つまり借金をして投資をするべきではないのです。

投資を長年やってる人ほど、資金管理には目をひからせているものです。

FXの税金

FXで得た利益には税金がかかります。
FXの所得は雑所得にあたるので、かかる税率は20.315%。

雑所得とは・・・雑所得とは、他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいい、公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。

※国税庁より引用
FXの利益に対する税金は、自分で確定申告して納めなければいけません。
決済していないポジション(含み益、含み損)に対しては課税されませんが、決済により利益が生じている場合は、納税義務があることを忘れないようにしてください。

FXの課税対象者は下記に該当する方です。

  • 給与所得がある方で、FXの所得が年間20万円を超える方
  • 給与所得がない方で、FXの所得が年間38万円を超える方

※雑所得の合計が130万円を超えると社会保険、厚生年金の被扶養者の資格を失います。

口座開設した会社のホームページから「年間損益報告書」をダウンロードすることができます。
FXの課税対象者は確定申告をしましょう。

投資目的

FXをはじめるのに人それぞれ投資目的があるかと思います。

  • 短期売買
  • 中長期運用
  • 為替差益重視
  • 金利・配当重視
  • 外貨資産ヘッジ
  • グローバルな経済感覚を養うため

投資目的によってリスクの取り方が違うことがあります。
また、FXの会社によって特徴、メリット・デメリット、強みが異なります。
なんとなくで選択するのではなく、投資目的によって選択していくことをオススメします。

相場格言を知っておくと安定する?!

相場格言・・・
なにやらすごそうですね。

相場格言とは・・・
短い言葉で「相場に関するノウハウ」をまとめたものです。
格言は必ずしも当たるものではありませんが、投資をする上での心がまえに役立つだけでなく、人生の教訓にも通ずるものが多いので知っておくといいです。

ほとんどが株式投資を例に書かれていますが、FXにも当てはまります。

FXの勉強にオススメは、本・セミナー

FXの勉強にオススメの本

FXにおける教科書系の本は10冊以上読みましたが、その中でも良かった本を紹介します。


あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録
立花 義正(著)

株の売買の本なのですが、FXにも当てはまる部分があります。
パソコン、スマホなどが普及していない時代の内容ではありますが、売買という本質を突いている本です。
1回読んだだけだと、理解できない内容もありますが、2、3回と読んでいるうちに、本の内容のすごさを実感できます。
熟読することをオススメします。

amazonから購入できます。

あなたも株のプロになれる―成功した男の驚くべき売買記録

スマホで波乗り株投資法: 分析不要 1日3分のトレード 7年連続プラスの驚異のメソッド
下山 敬三 (著)

こちらも株の売買の本なのですが、FXにも当てはまる部分がありました。
「だろう取引でなく、かもしれない取引を」というポジションバランスの重要性を言っています。
そして、損切り(ロスカット)をしないという手法が特徴です。

amazonから購入できます。
スマホで波乗り株投資法

FXの勉強にオススメのセミナー

FXのセミナーにオススメはないと思っています。
もし、良いセミナーがあったら紹介したいと思います。
※2019.4.22時点

FXの勉強にオススメのメールマガジン

情報源としてメールマガジンを登録する方法もあります。
無料、有料とありますが、ただいま検証中です。

FXの勉強にオススメの動画

動画サイトYouTubeでFXの情報もあります。
リアルタイムで取引してる動画もあれば、相場の展開を発信してるものもあります。

オススメを検証中です。

FXの勉強にオススメのSNS

Twitter(ツイッター)でFXの情報を発信されてる方もいます。

フォローするべきツイッターも検証中です。

失敗しないFX会社の口座開設選びのポイント4つ

「FXをしたくなったけど、どこの会社が良いか、わからない。」という方も多いのではないでしょうか?

口座開設するまえに前に、自分にあったFX会社の選び方を知っておきましょう。

FX会社を選ぶには、以下の4つのポイントがあります。

  • 最低取引単位
  • スプレッド
  • スワップポイント
  • 自動売買ができる・できない

口座開設の審査は?

日本国内に存在するFX会社で口座開設を行う際には、利用者がFX取引を行うのが適切な人かどうかを判断する審査が存在します。
審査といっても審査落ちのパターンがありますので注意すれば心配ありません。
申込時の住所と、本人確認書類の身分証明書に書かれた住所が異なった時などです。
不備がなければ問題なく口座開設完了できるでしょう。

口座開設に必要な本人確認書類は下記2点です。
「本人確認書類」「マイナンバー記載書類」

オススメのFX会社10選

それではここからは、先ほどの選び方に沿って、オススメするFX会社を紹介していきます。

たくさんのFX会社を紹介しますので、自分の条件に合わせて情報をチェックしてくださいね。

  • 最低取引単位
  • スプレッド
  • スワップポイント
  • 自動売買ができる・できない

DMM.com証券

DMM.com証券

全てが高スペックなDMMFX

↓↓↓

DMM FX


>>>口座開設はこちら

特徴は「短期トレードをメインとしている」方には取引数に応じて現金に交換できるポイントが貯まるということです。
また、トレードを始めようと考えている初心者は業界初のLINEカスタマーサポートで、いつでもどこでも相談可能なので、とてもうれしいです。
少しの疑問もスピーディーに解決できちゃいます。
これからFXを始めたいならオススメです。

ちなみにDMM.com証券ってどこにあるの?
DMM.com証券は、東京都中央区に本社を持っている会社です。

DMM.com証券は日本の法人企業であり、金融商品取引法によって規定されている金融商品取引業者であるため、法律上の義務によって完全な信託保全が行われています。
DMM.com証券は3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理していますので、安心安全です。

SBI FXトレード

SBI FXトレード

1通貨(約100円)から取引できるSBIFXトレード

↓↓↓



>>>口座開設はこちら

特徴は「米ドル円のスプレッドが0.27銭」 「取引ツールが使いやすい」 「業界最強水準のスワップポイント」
また、最低取引通貨単位が1通貨なので低リスクでできるので、どんなものか判断できてよいですね。
これからFXを始めたいならオススメです。

ちなみにSBI FXトレード株式会社ってどこにあるの?
SBI FXトレード株式会社は、東京都港区に本社を持っている会社です。

SBI FXトレード株式会社は日本の法人企業であり、金融商品取引法によって規定されている金融商品取引業者であるため、法律上の義務によって完全な信託保全が行われています。
SBI FXトレード株式会社は「株式会社三井住友銀行」「FXクリアリング信託株式会社」の信託銀行でお客様の大切な資産を管理していますので、安心安全です。

トレイダーズ証券LIGHT FX

LIGHT FX

トルコリラやメキシコペソのスワップポイントが高いLIGHT FX

↓↓↓

LIGHT FX



>>>口座開設はこちら

特徴は高金利通貨のスワップポイントは、業界最高水準
トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドを取引するなら中長期売買向け。
これからFXを始めたいならオススメです。

ちなみにトレイダーズ証券株式会社ってどこにあるの?
トレイダーズ証券株式会社は、東京都港区に本社を持っている会社です。

トレイダーズ証券株式会社は日本の法人企業であり、金融商品取引法によって規定されている金融商品取引業者であるため、法律上の義務によって完全な信託保全が行われています。
トレイダーズ証券株式会社は三菱UFJ信託銀行株式会社と信託契約を締結し大切な資産を管理していますので、安心安全です。

OANDA Japan

OANDA Japan

MT4で50種類以上のテクニカル分析

↓↓↓

MT4スプレッド2



>>>口座開設はこちら

特徴はMT4が利用出来る点です。
50種類以上のテクニカル分析が使用できます。中長期売買向け。
これからFXを始める初心者より中上級者向けにオススメです。

OANDA Japan株式会社(オアンダジャパン)の会社情報は確認ください。
「japan」って入ってるから海外の会社も関連してるかと思われます。
OANDA Japan株式会社は、東京都千代田区に本社を持っている会社です。

アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨークにOANDA本部はありますが、OANDA Japan株式会社は日本の法人企業であり、金融商品取引法によって規定されている金融商品取引業者であるため、法律上の義務によって完全な信託保全が行われています。
OANDA Japan株式会社は三井住友銀行およびFXクリアリング信託で大切な資産を管理していますので、安心安全です。

インヴァスト証券のシストレ24

シストレ24

FX自動売買大手のインヴァスト証券

↓↓↓

インヴァスト証券



>>>口座開設はこちら


特徴は搭載ストラテジー数が5000種類以上と多い
無料で提供されているストラテジー(運用プログラム)を選択・組み合わせることで自動売買を行ってくれるサービスです。
これからFXの自動売買を始めたいならオススメです。

インヴァスト証券ってどこにあるかといいますと・・・
インヴァスト証券は、東京都港区に本社を持っている会社です。

インヴァスト証券は日本の法人企業であり、金融商品取引法によって規定されている金融商品取引業者であるため、法律上の義務によって完全な信託保全が行われています。
インヴァスト証券は三井住友銀行で大切な資産を管理していますので、安心安全です。

アイネット証券のループイフダン

ループイフダン

レンジ相場に強いループイフダン

↓↓↓

シストレi-NET



>>>口座開設はこちら


特徴は細かな値動きを攻略し続けることが可能です。
自分の作った注文に合わせて24時間自動でトレードし続けてくれるという点です。
これからFXの自動売買を始めたいならオススメです。

アイネット証券ってどこにあるかといいますと・・・
アイネット証券は、東京都千代田区に本社を持っている会社です。

アイネット証券は日本の法人企業であり、金融商品取引法によって規定されている金融商品取引業者であるため、法律上の義務によって完全な信託保全が行われています。
アイネット証券は日証金信託銀行株式会社で大切な資産を管理していますので、安心安全です。

世界最大のMT4プロバイダーのforex.com

forex.com

プロが当たり前のように必ず使っている世界最大のMT4プロバイダー

↓↓↓

フォレックス・ドットコムMT4


>>>口座開設はこちら

MT4は通常の裁量取引のみならず、50ものテクニカル指標、優れたチャートや多くの機能を搭載し、操作性に優れ、独自のExpert Advisor(以下EA)を取り入れた
自動売買やテクニカル指標が使えます。
FX中級者、上級者にオススメです。

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)を運営するゲインキャピタル・ジャパン株式の会社情報です。

名前 ゲインキャピタル・ジャパン株式会社
住所 東京都中央区日本橋室町4-4-10 東短室町ビル3F
URL https://www.forex.com/jp/
電話番号 03-5205-6161
地図

最後に

いかかでしたか?

あなたが自分で満足できるFX会社を選んでくださいね。
自分にあったFXで資産運用ができますように。




FX

Posted by koba