初心者でも安心!ソーシャルレンディングで後悔しないための知識とオススメのソーシャルレンディング会社10選

2019年9月12日




「100万円を少しでも増やしたい!」
「100万円を減らしたくない!」
「銀行に預けても利息が少ないし・・・」
「小さい金額から試してみたい」

新しいことを始める時って、いろいろ考えちゃいますよね・・・。

今回取り上げるテーマは「クラウドファンディング」
クラウドファンディングで後悔しないためのノウハウを、体験談もふまえてわかりやすく説明します。

資産運用を始めるには、各金融機関の口座開設が必要です。
口座開設する際に選びたいオススメのクラウドファンディング会社も紹介しますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは・・・
クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指します。
群衆と資金調達を組み合わせた造語です。
ソーシャルファンディングとも呼ばれます。

ウィキペディアより引用

投資家の目線で考えると4つに分類されます。

  • 不動産投資型
  • 融資型(ソーシャルレンディング)
  • 株式投資型
  • ファンド貸付型

それぞれ特徴、メリット、デメリット、リスク、リターンがありますので、これから解説していきます。

融資型(ソーシャルレンディング)

ソーシャルレンディングは高利回りを期待できる商品ですが、資金を貸した事業者が返済できなくなる貸し倒れリスクがあります。
運営してる会社を徹底的に調査することが重要です。

クラウドクレジット

成長国投資の高利回りの投資
クラウドクレジット

↓↓↓

クラウドクレジット


>>>クラウドクレジット口座開設はこちら

特徴は海外の成長国へ投資できる、高い利回りの商品が多い
1万円から少額投資できるです。
これから少額投資を始めたいならオススメです。

クラウドクレジット株式会社ってどこにあるかといいますと・・・
クラウドクレジット株式会社は、東京都中央区に本社を持っている会社です。

電話番号は、03-6268-9210
社長の杉山智行氏は大和証券SMBC、ロイズ銀行(英国)東京支店の資金部長を経て、2013年1月に会社を立ち上げました。

投資のリスクとして、倒産リスクがあります。
貸付先もしくは事業者が倒産してしまった場合、投資した資金を回収することができるか重要です。

1.貸付先が倒産した場合
基本的に元本を回収できる可能性は低いでしょう。
倒産リスクが避けられているわけではないというのは重要ですね。

2.クラウドクレジット株式会社が倒産した場合
ソーシャルレンディング事業者の多くは第二種金融商品取引業の免許があります。
しかし、金融商品取引法によって規定されている金融商品取引業者ですが、証券会社と異なり法律上の義務によって完全な信託保全が行われていません。
第二種金融商品取引業に係る取引は日本投資者保護基金の対象になっておらず、またソーシャルレンディング投資は元本保証がありません。
基本的に元本を回収できる可能性は低いでしょう。

クラウドクレジットのメリット

  • 債券や預金よりも利率が良い
  • 少額から投資が可能
  • 株式市場などの動向に影響されづらい
  • 商品によっては毎月配当金(金利)を得ることができる

クラウドクレジットのデメリット

  • 元本が保証されていない
  • 途中解約ができない
  • 表面利回りを下回る可能性がある

最後に

いかかでしたか?

あなたが自分で満足できるFX会社を選んでくださいね。
自分にあったクラウドファンディングで資産運用ができますように。